ひかり歯科クリニック    TEL:047-431-4102
HOME
医院のご案内
診療案内
保険治療と自費治療
よるある質問
診療のご予約
お問い合わせ
info@hikarishika.com
歯が痛い・しみる 虫歯を治したい はぐきが痛い 親知らずが生えた 歯を白くしたい あごが痛い 歯を入れたい 歯並びが気になる
診療案内
治療全般について
むし歯治療の際、歯を守るためにう蝕検知液を使用してなるべく削る量を減らす、
必要に応じラバーダムを使用し歯の内部を唾液中の細菌から守る、
痛みの少ない治療をするため積極的に麻酔を行うなどの方針で診療しております。
また、マイクロルーペ、マイクロスコープ、CTレントゲンを導入し、一層の精密な診断が可能となりました。




マイクロスコープとは?

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)は、「肉眼」よりも3〜20倍、視野を拡大し大きく細かく見えるようになる装置です。つまり肉眼では確認できない部分までを見ることができます。 下の画像は「肉眼」と「マイクロスコープ」の見え方の違いになります。肉眼とどれほど見え方が違うかが伝わるかと思います。
歯の内部(根管)の形状は、前歯奥歯の部位にもよりますが、様々なバリエーションがあり、入口を探すだけでも、肉眼では見えないものも少なくありません。見落とせばその分、汚染物質が残りやすくなり、治る確率が下がり再発の可能性は上がります。 その拡大力は、根の治療だけではなく、歯科治療のいろんな場面で威力を発揮します。



CTレントゲンとは?

奥歯などで根が重なり合ったりしていると、従来のレントゲンでは、どの根がもっとも重大な問題を抱えているかなどを調べるのが困難であることが時々あります。
しかし、CTレントゲンにより、歯の形や病巣の広がりをあらゆる角度から見れるようになり、診断の精度が飛躍的に向上しました。
根の治療、歯周病の広がり具合の確認、親知らずと神経の位置確認など、いろんな用途で使用しております。


ページトップへ

Copyright(C) 2019 Hikari Dental Clinic. All Rights Reserved.