ひかり歯科クリニック    診療時間 朝10時〜平日20時半/土日18時 (木曜・祝日は休診)
  
047-431-4102 HP予約

神経をのこす治療、とる治療の比較


大きなむし歯があって、神経を残せた場合と、とった場合の、元の歯の残り具合を比べると、、、神経をとるとかぶせることになるのですが、元の歯は20−30%しか残らないことがわかります。


そして、神経は歯の根の中で網目状に広がっているものが多いので、実際にはすべてはとりきれません。とれない部分は薬剤で洗浄していきますが、薬剤もすみずみまではいかないので、菌が残ってしまいます。
そのため、神経の治療は、初回で成功率80−90%程度です。
また、再発する確率も高く、再発した場合の治療の成功率は40−70%程度で、くりかえすほど、歯も削れて薄くなり、成功率が下がっていきます。割れたり折れたりするリスクも上がります。
そして最終的には抜歯になります。抜歯理由の半分以上を、割れた・折れたが占めています。
神経をとる治療は、歯の寿命を大きく縮めることにつながるのです。

以前は、むし歯を削り取ったら神経が出てしまった=神経をとる治療、だったのですが
現在は、神経が出てしまっても神経をとらずに保存できる治療方法があります。
(どんな症例でも神経を保存できるわけではありません。神経がすでにダメージをかなり受けている場合、何もしなくても強い痛みがある場合などは成功率は低くなります。)




従来の治療:むし歯をすべてとりきり、神経が露出したら神経をとる治療を行う
治療順【神経とる→根の中の清掃・消毒→充てん→土台を立て、型どり→かぶせもの装着】(症状にもよるが、通常は6〜7回はかかることが多い)



【歯髄保存治療】歯髄(神経)を残す治療について

・症状がない/軽度でも、レントゲン所見でむし歯が深くてかなり神経に近いと考えられる場合
・患者さんが特に希望される場合



マイクロスコープ使用による拡大視野で、むし歯をすべてとりきります
お口の中でその歯の周りに無菌的な環境を作り、肉眼やルーペでは不可能な精度で行う治療です
神経が露出した場合に、保存できるかどうかを判断して治療を進めます。


a:神経が露出せず、深いところを薬剤保護して経過観察【間接覆髄】

b:神経が露出して、感染部分を切除し、薬剤保護して経過観察【直接覆髄・断髄】

c:神経が露出して、神経保存が難しい所見があり、神経をとる治療へ移行【保存不可】

基本治療費10000円
(a間接覆髄 +5000円/b直接覆髄 +10000円/c保存不可 +0円)
 
神経保護薬剤は薬剤は水酸化カルシウム製剤またはMTAを使用します。MTAは、神経を保存できる可能性が現在最も高い薬剤です。



マイクロスコープを使用することで、より精細に観察して、肉眼では見えないむし歯の取り残しをとり切り、神経の状態を血管レベルで確認することが可能です。したがって、神経を保存できる可能性も高まります。ただ現代医学では、完全な歯髄の診断はできないので、数か月後に神経をとる治療が必要になってしまう場合もあります。

できる限り神経を残せる可能性を高める治療法です。ご検討下さい。
マイクロスコープを使った歯髄保存治療は担当が決まっていますので、ご希望のかたは、その旨お伝えください。
経過観察後の修復治療は、ダイレクトボンディング/金属修復(銀歯)/セラミック修復/ゴールド修復のいずれかとなります。
ページトップへ


047-431-4102 HP予約

Copyright(C) 2019 Hikari Dental Clinic. All Rights Reserved.