ひかり歯科クリニック    朝10時〜平日20時半/土日18時 (木曜・祝日は休診)
  
047-431-4102 HP予約

クリックで各項目にジャンプします※
痛みの少ない治療 わかりやすい説明 なるべく削らない
神経を残す ぎりぎりまで歯を残す ラバーダム
メンテナンス マイクロスコープ CT
治療全般について

少しでも痛みを伴う恐れのある治療の際は、患者さんの同意のもと、積極的に麻酔をして治療します。注射による麻酔ですが、
針を刺入する際の痛みを減らすために表面麻酔(麻酔前の塗り薬、クリーム)塗布を行い、
薬液注入時の痛みを減らすために極めてゆっくりした速度で注入します。
力や注入速度をコントロールできる電動注射器を併用することもあります。
これらの、痛みに対する予防措置により、痛みがとても少なかった、感じなかった等の声を多数いただいております。





ご自身の状態、治療の状況や方法など、可能な限りご理解頂きながら治療を進めるために、モニター上のレントゲン画像やアニメーション、お口の中の画像、模型、手書きの絵図などを用い、なるべくわかりやすく説明するよう心がけています。




むし歯を削る際はう蝕検知液を使用し、菌におかされた悪いところを見落とさず削り、健康なところをなるべく残せるように処置を進めます。

銀歯の下にむし歯が隠れていました。


左から
銀歯を外し、赤い薬(むし歯菌を染め出す薬)をかけて、水洗し、赤く染まったところだけを削る。その動作を繰り返すことで、悪いところだけを削って、健康なところはなるべく削らないようにしています。








【歯髄保存治療】のページへ







左:むし歯が進みすぎて、歯の半分以上が歯ぐきに埋まっている
右:根が割れて大きな病巣ができている(7)
これらの歯をどうやって残すのか・・・?
他院で抜かなければいけないと言われていても、残せる場合があります。一度ご相談ください。移植・再植・エクストルージョン・固定などの方法を行います。歯を残せるかも!?のページへ



(治療内容によります)
必要に応じラバーダムというゴムのシートを使用し歯の内部を唾液中の細菌から守りながら治療しています。





一般的には、保険治療において使用している医院は少ないですが、当院では、担当医が必要と感じる場合には保険治療・自費治療の区別なく積極的に使用しています。





どんなに一生懸命歯を磨いていても、自分ではとりきれない汚れや歯石が徐々に付いてくるものです。これらは虫歯や歯周病の原因になります。これらを放置すると、歯自体や歯の支えとなっている歯ぐきや骨がいたんでしまいます。特に、骨のいたみは自覚症状に乏しく進行し、気付いたときは相当、重症化しています。また、治療済みの歯のもちも悪くなります。 当院では4か月〜半年に一度の歯のクリーニングとむし歯チェックをお勧めしています。

セルフケアのページへ(デンタルフロス・歯間ブラシ・フッ素など)







マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)は、「肉眼」よりも3〜20倍、視野を拡大し大きく細かく見えるようになる装置です。つまり肉眼では確認できない部分までを見ることができます。 下の画像は「肉眼」と「マイクロスコープ」の見え方の違いになります。肉眼とどれほど見え方が違うかが伝わるかと思います。
歯の内部(根管)の形状は、前歯奥歯の部位にもよりますが、様々なバリエーションがあり、入口を探すだけでも、肉眼では見えないものも少なくありません。見落とせばその分、汚染物質が残りやすくなり、治る確率が下がり再発の可能性は上がります。 その拡大力は、根の治療だけではなく、歯科治療のいろんな場面で威力を発揮します。






奥歯などで根が重なり合ったりしていると、従来のレントゲンでは、どの根がもっとも重大な問題を抱えているかなどを調べるのが困難であることが時々あります。
しかし、CTレントゲンにより、歯の形や病巣の広がりをあらゆる角度から見れるようになり、診断の精度が飛躍的に向上しました。
根の治療、歯周病の広がり具合の確認、親知らずと神経の位置確認など、いろんな用途で使用しております。


ページトップへ


047-431-4102 HP予約

Copyright(C) 2019 Hikari Dental Clinic. All Rights Reserved.