ひかり歯科クリニック    TEL:047-431-4102
HOME
医院のご案内
診療案内
保険治療と自費治療
よるある質問
診療のご予約
お問い合わせ
info@hikarishika.com
歯が痛い・しみる 虫歯を治したい はぐきが痛い 親知らずが生えた 歯を白くしたい あごが痛い 歯を入れたい 歯並びが気になる
診療案内
根っこの治療について
虫歯が進んで神経まで達している場合には神経を取る必要があります。またすでに神経のない歯でその根っこの先に膿がたまっている場合にも根っこの再治療が必要です。

神経を取るとは?

虫歯が大きく神経まで達しているときは、残念ながら神経を取り除かなければなりません。この場合、歯自体を抜くわけではありません。歯の根っこの真ん中にある細い糸のような神経だけを取り除きます。麻酔をして行いますので神経を取っている最中は痛くありませんが、麻酔が切れた後に一時的に痛みが出たりうずいたりすることもあります。神経の治療期間中だけですので痛みはいずれなくなります。歯の神経を失ってもまだまだ歯として十分使えます。ただ、神経の治療の成功率は一般的に70−80%、専門医で90%とされています。

根っこの再治療とは?

神経を取った歯には、お口の中のばい菌が入りやすくなります。このため不幸にも根っこの先で悪いばい菌があばれはじめると膿がたまってきます。痛みを伴わない場合と激しく痛む場合とがあります。これらの場合には根っこの先にたまった膿を出す治療が必要になります。今まで痛くなかった歯でも治療による刺激で、治療期間中は突然痛みが出る場合があります。この治療は、以前すでに神経をとる治療をしたあとなので再治療と称しますが、こちらの成功率は50%程度とされ、繰り返すほど確率は下がっていきます。

マイクロスコープとは?

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)は、「肉眼」よりも3〜20倍、視野を拡大し大きく細かく見えるようになる装置です。つまり肉眼では確認できない部分までを見ることができます。 下の画像は「肉眼」と「マイクロスコープ」の見え方の違いになります。肉眼とどれほど見え方が違うかが伝わるかと思います。
歯の内部(根管)の形状は、前歯奥歯の部位にもよりますが、様々なバリエーションがあり、入口を探すだけでも、肉眼では見えないものも少なくありません。見落とせばその分、汚染物質が残りやすくなり、治る確率が下がり再発の可能性は上がります。 その拡大力は、根の治療だけではなく、歯科治療のいろんな場面で威力を発揮します。

CTレントゲンとは?



ページトップへ

Copyright(C) 2018 Hikari Dental Clinic. All Rights Reserved.